1001
1002
1003
1004

本当にあの時代は大変だったなぁ…

毎日何処で働かされるかわからない警備員時代

挙げ句の果てには電気も通っていない山奥で資材警備など

苦しい時期もった

そんな中で知り合ったのがミッチーこと大飼道雄

もう10年の付き合いか

自分もそんな時代があって今に至るわけでホント人生って何が起きるかわからないね

そんなミッチーに余興で歌を歌ってもらうようにお願いをしてOK頂いた

ミッチーいい声してんだ