8月1,2,3日で彩夏祭がありました

【彩夏祭とは】
朝霞市民まつり「彩夏祭」の始まりは、1984年(昭和59年)でした。都市化と情報化が進み、便利な世の中になる一方で、地域への愛着や連帯感、人と人との繋がりが薄れて行くことに危機感を抱いた市民の手によって始められました。開催当初は、盆踊りと打上げ花火をメインとしたオーソドックスなお祭りで、規模も小さなものでした。それから回を重ねるごとに大きくなり、今では、約65万人もの方が来場する大きなお祭りになり、朝霞を語る上で欠かせない夏の風物詩となりました。

とにかく埼玉で一番にでかいとも言われているお祭りってことらしい






















花火の打ち上げが始まった。今年は約7500発!





自宅から見えるって最高だぜい!杉の木はホント邪魔なんですけどね!









いやいやもう喰えんで


はたしてこのあとから出てきた料理…どうしたのか!?


続く


プニたま絵日記
1日1回ポチおねがいします